塗装のポイント

しげ部で扱っているプラスチック素材は2種類あります。

つやなし素材とつやあり素材です。

つやなし黒素材

つやありカラー素材

つやなし素材は塗装が乗りません。
正確には塗装は出来ますが、ちょっとした事で剥がれてきます。
しかしながら黒いラッカースプレーを塗ると、使っているうちに剥がれた部分が風合いになって雰囲気はアップしますので、塗装は実はオススメなのです。

 

つやあり素材は塗装が乗ります。水性、油性、どちらでも大丈夫です。
プラスチック専用でなくても、物によっては大丈夫です。

塗料

普段使っている塗料です。
どちらも甲冑制作から3年使っていますが、剥がれていません。

ただ、すべての色がOKかといえば、やはりそうではなく金色や銀色は直接塗装しても剥がれてきます。

一度別の近い色を(例えばグレーや黄土色)を塗装した後、金を吹けば簡単には剥がれません。

プラ版塗装2プラ版塗装1

プラ版塗装3

使用した塗料。
強くこすれば剥がれます。

全てのメーカーで試してはいないので、中には何をやっても乗らない塗料があるかと思います。また、同じメーカーの同じ種類でも色によってノリ具合は若干変わる場合もあります。極端な気温条件でも左右されることもあります。

 

また、車のボディ用スプレーも上手く乗らないとの報告を頂きました。

 

いずれにせよ、絶対剥がれない塗料はない、と思って下さい。

下地が見えても問題ないといった、おおらかな心構えで、甲冑のカラーリングを楽しんでみてください。

 

甲冑制作の素材のチョイスはこちらから。
※素材のみの販売はしておりません。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP